RA272

ボディを組み込み完成ですicon:face_shishishi







今回はいろいろな素材を試してみました。

ナイロンバンドの表現がそのひとつです。バンドエイドの半透明がとても役立ちました。



galleryはこちら>>

最後のパイピングも完成ですicon:body_good



サスペンションの塗装も終了しこれから組み込みます。



フロント周りの製作です。

ラジエターをアルミテープを巻き組み込みました。



ステアリングとインパネです。

かなり手を加えました[:イヒヒ:]



ステアリング中央のロゴは実車に合わせて自作デカールで。

中央のビスもプラスドライバー用のピンで表現しました。



ミラーです。鏡の箇所はエッチングです。

後はベースになる箇所を塗装です。



アクセルペダル、ブレーキペダルです。

こちらはエッチングパーツで処理です。



はじめのパイピングです。

ナットを埋めました。



フロント箇所の塗装終了です。

ボディ箇所もこれからパイピングを行います。



エンジンエアファネル上部のプレートの完成です。

ALPSのプリンタで出力しましたが、やはり網目が目立ちますねicon:face_embarrassed







クリア塗装と研ぎ出し終了です。

これから最後の組み込みとパイピングです。



ボンネットピンの接着です。

これでクリア塗装に入れます。







デカールも貼り終え最終段階です。



ボディの日の丸箇所です。

デカールが付属していますが、デカールの縁の色が濃くなっているので塗装にします。サークルカッターでマスキングテープを切り抜き貼り付けます。



ボディの塗装です。

古いマシンらしくアイボリーホワイトにしました。



エアファンネル上部にあるプレートです。

今回はプラ板と洋白板で自作しました。

プレートにあるHONDAのロゴは自作デカールで製作します。



1回目のパイピングです。

作業可能な場所のみパイピングしました。あとはボディに接着後2回目のパイピングを行います。



シフトレバーを内装に接着しました。見えるナット箇所は内装と同じ色です。

リアルに表現できましたicon:body_good






シフトです。

こちらも資料に沿って着色しました。マニュアルとはかなり違っていますが、これが本当の着色なんですねicon:body_good



インパネです。

資料にはメーターリングは左の二つしかないので、それに沿って製作しました。メーター箇所はデカールを貼り付け後、クリアーを流して光沢にしてます。



ラジエターです。

付属のマニュアルにはメタリックグレーと指示がありますが、実際にはすべてアルミ色の錆びた色です。



ディスクです。

エッチングを使用して表現です。今回のディスクは普通に見えるので細かい作業が要求されます。



タイヤです。

Goodyearのロゴは予めプリントしてあったので基本ホイールのみです。

今回は"さかつう製"のエアバルブを使用しました。

完璧ですicon:body_good



エンジンの組み立てがほぼ完了です。

これからパイピングなどの加工をしていきます。



クリアーパーツの整形です。研ぎ出しのような作業です。

この後コンパウンドで磨きます。


サスペンションを加工します。

0.5mmの真鍮線と0.8mmの洋白線と1mmのプラ棒を使用しました。



ボンネットピンはここにもあります。

見落としがちの箇所です。



フロント部分です。

ここはエッチングパーツがないので、HASEGAWAのメッシュを利用しました。

網目の大きさと言い、バッチリです[:グッド:]



エキゾーストパイプの加工です。

最初、真鍮パイプに差し替えと考えたのですが、とりあえず加工。

上手くできたのでこのままいきます[:拍手:]

でも、作業時間的には差し替えたほうが早かったかも...



エンジンの塗装が終了しました。





ここで昔のエンジンらしくウェザリングを行います。

以前オークションで購入したエッチングパーツを使用します。



エンジンからの製作です。



icon:face_embarrassedこちらも今後の資料用として製作開始です



Search daily series1

Partner

Category

 

Archives