904

クリアーパーツを組み込み完成です〜icon:face_embarrassed







急いで製作しましたが、年内に完成してよかったですicon:face_smile

来年からは新たな作品で頑張ります〜icon:body_biceps



galleryはこちら>>

細かいパーツの塗装をエナメルのクロームシルバーで塗装しました。

完成間近です。



ヘッドライト箇所の塗装です。

ここはブラックで塗装されてるんですね〜

なのでマスキングをして...



クリア塗装と研ぎ出し作業に入ります。

まずはクリア塗装です。今回はウレタンの作業はせず、Finisher'sのオートクリアまでの作業でやめておきますicon:face_embarrassed



シャーシの塗装も終了しましたicon:face_smile

いつも使用している色は、フラットブラックとブラックを合わせたオリジナルのセミグロスブラックです。



ボディのクリア塗装の前にホイールの処理です。

ホイールの隙間にエナメルのフラットブラックを流し込みます。



ボディの塗装が完成しました。

今回使用した色はガイアのクロームシルバーです。

もう少し色に重みを持たせたかったので、次回からは違う色を使用したいですねicon:face_embarrassed



窪みがあったので再度整形にはいりますicon:face_mistake

この段階になると最終は#800のペーパーで表面を整えます。



サフェーサーの作業に入ります。

サフェーサーの前にキットの洗浄です。ハンドソープと歯ブラシを使用して入念に洗います。



パテの乾燥が終わり#240で平らにします。



パテが乾燥する間にパーツの整形に入ります。

まずはホイールから...

カッターとヤスリ(中目)と#240のサウンドペーパーで処理します。



ボディの整形作業に入ります。

ボディにくぼみがあるのでパテ埋めします。

パテはTAMIYAのベーシックタイプです。



アンダー部分です。

シートを予め接着します。塗装を全てフラットブラックで塗装するためです。資料もないし、説明書には色の指示もないので、独断でそうしましたicon:face_shy

接着はタミヤのセメントです。







ストレスない製作はいいですね〜icon:face_smile

まずはボディの組み込みからです。



製作再開に伴い、練習と言う事でicon:face_mistake

拘りは気にせず、軽い気持ちで楽しみながら作りたいと思います。

なので今回は資料は何も使いません

初めて模型を作った時の感覚に戻したいと思いますicon:face_smile



と言う事で、捨てようと思っていた904を使用します。



Search daily series1

Partner

Category

 

Archives