370Z

ボディを組み込み完成です。
ホイールは個人的に嫌いなので、別売りのパーツを使用しました。

RIMG0063.JPG

galleryはこちら>>

ボディの組み込みに入ります。
今回唯一気になったパーツがフロントのライトカバーです。
縁のゴムとウィンカー付近にあるメッキの処理が表現されていないんですね。
ここは忠実にミラーフィニッシュで表現しました。

RIMG0043.JPG

研ぎ出しに入ります。
#2000まで研ぎ出し、コンパウンドで磨く作業に入ります。

RIMG0041.JPG

1時間ほど磨き続けicon:face_expressionlessこんな感じです。
黒って磨くと何だか白く曇ったようになりますね。
新たな課題が見つかりました。今度検証しないといけないですね。

RIMG0006.JPG

ボディの塗装に入ります。今回はブラックにしました。自分がZで乗るなら内装のシート色とのバランスを考え、黒に乗りたいと思ったからです。
icon:body_no1ちみに昨年のヨーロッパの販売台数の中で、人気のボディカーラーの上位はシルバー、白、黒の順だったそうです。

RIMG0732.JPG


上の写真はまだ研ぎ出ししていないのですが、何かこれでもいいような気がしますicon:face_embarrassed

内装の組み立て作業を終えましたicon:body_good

RIMG0734.JPG

シャーシ側と組み合わせ、下部の作業は終了です。残すはボディですね。

RIMG0736.JPG


シャーシ側の塗装です。塗り分けはマニュアル通りです。

RIMG0731.JPG

エキゾースト類を接着しシャーシ側は完成です。

RIMG0735.JPG

内装の作業に入ります。シートはオプションで選べるオレンジカラー仕様にしました。今回も塗装後、薄めたクリアーオレンジを塗装していますicon:body_good

RIMG0733.JPG

インパネ類の塗装、組み立て作業も終了し、内装の組み立てに入ります。

RIMG0638.JPG

ボディのサフェ吹きが終わり、塗装と組み立てに入りますicon:face_shishishi

RIMG0612.JPG


組み立ての始めはクリアパーツからです。GT-Rに続き、今回も塗装なしで組み立てる唯一のパーツ類です。

RIMG0611.JPG

今回はeuro仕様にするのでナンバープレートのフレームはプラ版から製作します。

RIMG0609.JPG

造形の続きです。パテで処理が必要なのは唯一シート裏の押し出しピン跡とフロントディスク面、表の押し出しピン跡ぐらいでした。
ただ完成時、これらの箇所は見えるか見えないか微妙の場所ですね。

RIMG0613.JPG

RIMG0614.JPG

ボディの造形からです。と言っても流石TAMIYAですね。作業は楽ですicon:body_good
パーティングラインを削るぐらいですね。#600で処理しています。

RIMG0610.JPG

43製作後、TAMIYAで疲れを癒されたいと思い370Zを製作したいと思います。

Nissan370Z.jpeg

今回は自分がZに乗るんだったらicon:face_chompをイメージして製作したいと思います。


Search daily series2

Partner

Category

 

Archives