A4 2009

最後に組み込み完成です。
仮組みしていたのに、最後の合わせが上手く行かずかなり手こずりました...

R0010711.jpg

今年に入ってまだ1個...ペースをあげなければ~icon:face_shock

galleryはこちら>>

ウィンドウの接着後、ボディにスミ入れ含めた最終塗装が完了。


R0010483.JPG


デカールを貼り、シャーシ側と接着。

R0010486.JPG

完成間近ですicon:face_smile

最終仕上げに向かい、小物パーツの接着です。
finisher'sのクリアーレッドとクリアーオレンジで塗装したテールランプです。


R0010424.JPG

メッキパーツ接着後、塗装したクリアーパーツを接着です。

R0010425.JPG

ディテールアップに入ります。
サイドにあるピンの埋め込みです。目立たない箇所ですがちょっと拘ってみました。

R0010350.JPG


フロントラジエター前にある支柱です。

キットでは表現されていないのでプラ棒で表現しました。

R0010390.JPG

シャーシ側最後の作業です。
後方カウル下部のパーツ組み込み...


R0010346.JPG


これでシャーシ側完成です。

R0010347.JPG

前回の続きです。
エンジン、トランスミッションを接着。

R0010310.JPG

フロント、リアサスペンション,型取りした牽引フック、マフラーを接着しました。
最近のDTMマシンのマフラー箇所は、ドライバーの横辺りなんですね。
勉強になりますicon:face_smile

R0010311.JPG

小物パーツの続きでエンブレムです。 中央にピンを埋めています。ほとんどわからないので失敗ですねicon:face_shock
これでほぼ小物パーツの作業が終了しました。


R0010306.JPG


シャーシ側の作業に入ります。

まずはフラットブラックで塗装です。

R0010309.JPG

完成目指して細かいパーツの作業に入ります。

始めにマフラーから。
いつものメッキ処理ですねicon:face_embarrassed
排気箇所はエアブラシでフラットブラックを使用して汚しています。

R0010248.JPG

フロントライトカバーの作業に入ります。
つや消し黒フィニッシュで作業終了icon:body_good
手抜きですicon:face_embarrassed


R0010352.JPG

コックピット周りが完成しましたicon:face_smile
実はロールバーの接着が上手く行かず、久々に瞬間接着剤を使用してしまいましたicon:face_embarrassed
瞬間接着剤で白く曇ったので、薄めた塗料で流し込むように塗装しています。

R0010252.JPG

R0010255.JPG

リアウィングのブラックの塗装が終わりましたので一挙に仕上げに入りたいと思いますicon:face_chomp

R0010251.JPG

翼端板のシルバーを塗装し乾燥を待ちますicon:clock

R0010307.JPG

デカールを貼り、翼端板にピンを埋めて完成ですicon:body_lip

R0010308.JPG

気分変えてボディに戻りますicon:face_embarrassed
ウレタン吹いて乾燥しました。

R0010245.JPG

コンパウンドで磨き、マスキングを剥がしました。メインのブラックの塗装準備に入ります

icon:body_run_away_right

R0010249.JPG


シートの製作が完了しました。
モデラーズのシートベルトセットの在庫がなくなったので、今回からミュージアムコレクション製を使用します。
ただミュージアムコレクション製のエッチングは硬く、曲げられないですねicon:face_expressionless

R0010246.JPG

シートとハンドルを接着しました。

R0010247.JPG

前回の続きですicon:face_embarrassed
シフトレバーを接着しパイピングを行いました。

R0010214.JPG

内装の作業の続きですicon:face_smile
基本色で塗装後、シート横にある(ボックス?)をシルバーで塗装しました。

R0010211.JPG

資料に沿って、ボタン・コード類を塗装しました。ここまでは順調ですicon:body_good

R0010212.JPG

内装の作業開始です。
まずはステアリングからです。最近のF1ほど複雑じゃなくてよかったですicon:face_embarrassed

R0010210.JPG

続いてステアリングステーの製作です。マニュアルの指定色ではなく、資料に沿って塗装しました。

R0010217.JPG

二つを接着してこんな感じにicon:face_chomp
完成時には多分見えないのでこのぐらいでicon:face_embarrassed

R0010218.JPG

複製パーツをもう1個。
デカールで表現されているリアのエンブレムをフロントから複製しましたicon:face_shishishi予備で2個作ってます。


R0010209.JPG

気分を変えてエンジンの製作です。
あまり面白くない工程なので、掲載内容省きましたicon:face_embarrassed


R0010215.JPG

ホイールの続きですicon:face_shy
接着が完了したので、薄めたフラットブラックでで一度ウォッシング。

R0010208.JPG

続けて削ったタイヤを装着し、ロゴのデカールを貼り、こちらも薄めたフラットブラックでデカールの色を落ち着かせました。

R0010216.JPG

これでタイヤは完成ですicon:body_good

今回唯一塗装しないパーツです。

RIMG0067.JPG

牽引フックは片想いで複製するので削りましたicon:face_smile

R0010179.JPG

ホイールの製作開始です。
まずは塗装です。TAMIYAのカラーを基準に塗装しました。

R0010206.JPG

接着を開始icon:mystify乾燥を待ちますicon:clock

R0010207.JPG

ボディの塗装に入ります。
今回ブラックの塗装の上にコーティングしない予定なので、ルーフのシルバーから塗装しました。


R0010180.JPG

シルバーの乾燥は早いですねicon:face_smile
ルーフ前方のスポンサー(チケットのURL)はスポットの内容なので今回は貼りませんでしたicon:body_peace

R0010182.JPG

リアウィングの作業に入ります。
ピンで表現するため上部は先にバイスで穴を開け下部はヤスリで削ります。


R0010178.JPG

そして下部も穴を開けました。

R0010176.JPG

前回の続きで造形です。
材質が軟らかいのでヤスリで整えここまででに。

RIMG0101.JPG


メッシュの大きさも整えこんな感じですicon:face_chomp

RIMG01022.JPG

フロントの造形に入りますicon:face_smile
フロント箇所は塞がれているので、メッシュに置き換えます。
メッシュ素材は他のキットで余った物です。網目が同じだったのでこちらを使用しますicon:face_embarrassed

RIMG0099.JPG

まずはくり抜きました。エンブレム箇所は後で使用するのでとりあえずこの状態で。

RIMG0100.JPG

造形の続きで内装に着手しますicon:body_peace
シート後方のロールバーを仮組み中、上手く合わず折ってしまいましたicon:face_shout

RIMG00972.JPG

プラ棒に置き換え作業続行ですicon:face_expressionless

RIMG00982.JPG

ボディの造形の続きです。
リアフェンダーを先に接着した理由がここで明らかにicon:face_chomp
理由は、モールドの表現をしたかったためです。後からの接着だとこの箇所は表現できないんです。


R0010177.JPG

ボディの造形は終わり、ボディは塗装に入りますicon:body_biceps

RIMG00962.JPG

シートの造形に入ります。
お決まりのシートベルト置き換え作業ですicon:face_shishishi
まずは削ります。

RIMG00922.JPG

リューターとパテを使用して完成です。今までの経験から、最終的には別売りのシートベルトで隠れるので、この程度の処理で問題ないと判断しましたicon:face_embarrassed
シートベルトはMDELER'S製の在庫が底を突いたので、今回からミュージアムコレクション製を使用したいと思います。

RIMG0095.JPG

シャーシ側の造形に入ります。
リアフェンダーのパーツは、この時点でシャーシ側に接着しました。

RIMG0072.JPG

合わせを確認しましたが問題ないようですicon:face_embarrassed

RIMG0091.JPG

エンジンの続きですicon:sweat
下記パーツを、前回のパーツに接着します。

RIMG0070.JPG

まずはエンジンの組み込み終了ですicon:face_embarrassed

RIMG0071.JPG

エンジンの組み立てに入ります。
同色のパーツをできるだけ組んでから塗装しようと思います。
下のパーツを造形して...

RIMG0068.JPG


一旦組み込み、接着剤の乾燥を待ちますicon:tea

RIMG0069.JPG

お決まりの作業から入ります。
メッキを漂白剤で落とし→造形→塗装に入ります。


RIMG0066.JPG

Revell から最近発売されたAudi A4の製作に入ります。icon:face_shishishi

a4.jpeg

Search daily series2

Category

 

Archives